原因を知って対処を

トイレつまりの原因を知って対処を

いつもはトイレを使った後は水を流してそれで終了しますが、時には水の流れが悪くなったり、流しても何も流れなくなってしまう事もあります。トイレつまりが起きてしまうと誰もが焦ってしまいますが、自分で解消するかまたは業者に依頼するかどちらにするにせよ、原因をまず考えてから対処をしていくといいでしょう。

トイレつまりの原因になるものとしては、大まかに三つあります。ペーパー類などの紙のつまりです。トイレットペーパーはトイレに流しても大丈夫な用紙ですが、小さな子供のいる家庭だとおもちゃ代わりにしてたくさん流してしまう事があります。水溶性のペーパーであっても、当然ながら大量のペーパーを一気に流そうとしてもそれが出来ずに詰まってしまう事があります。トイレットペーパー以外にも通常のティッシュペーパーを流す人もいたりしますが、同じような紙に見えて全く違いますから、つまりの原因になりやすいので絶対にやめましょう。

最近よく見かける掃除用のペーパーも、水に流れると書いてあっても大量に流すと同様につまりやすくなりますので、ゴミ箱代わりに大量に流すのはよくありません。その他にも、便の量がいつもより多かったりする場合でも流れにくくなりますが、その時にはペーパーもたくさん使っていることも多いので、トイレつまりの原因としては全体的に流す量が一時的に増えてしまったと考えてもいいでしょう。

それ以外にもたまに見かける原因としては、異物を流すことです。トイレで流すと想定されているペーパーや排泄物、水以外のものは流すことは、トイレつまりを起こしてしまうと考えても差し支えありません。すぐに拾える状態であればすぐに拾って、後は水を流したりラバーカップを使うなどしてトイレつまりを解消していくようにしてみて下さい。

ペーパー類のつまりであれば、お湯を流してふやかしたり、時間を置くことでいつの間にか解消されている事もあります。それでも解消されないようであれば、バケツで水を流したり、ラバーカップの使用、ワイヤーブラシで作業を行ったりしていきます。トイレつまりも日常生活で何度も起こるものではありませんから、自分で作業していても上手く解消できない事も多々あります。その時には自分での作業はしないで、速やかに業者に依頼しましょう。その方がさっと作業も早く済みますし、トイレ本体を傷つけたりしてしまうような事も減りますので、つまりも安心して解消できます。