木で水が減らないか

トイレつまりは木で水が減らないかどうかを確認しよう

トイレつまりは軽い症状だと放置しておけば自然と解決出来ますが、しっかりと配管が詰まっている場合は全く水が流れないので便器の中に水が溜まります。便器の中に水が溜まると自然につまりを解消出来るかどうかを確認するために水深をチェックする必要があります。物差しのようなものを便器の中に入れて目印を付けておくと、水深が下がっているかどうかを簡単にチェックすることが出来ます。この作業は水が溜まっている場合にトイレ詰まりの状況を把握するために重要な作業でもあるので覚えておきましょう。問題は何を便器の中に入れるのかですが、これは公園などで木を拾ってくると良いです。さすがに日常で使う物指しなどを入れるわけにもいきません。木を便器の中で固定して水深をチェックしても水が減らないのであれば完全に配管が詰まっているので、とりえあず便器の中の水を外に排出しましょう。木で水深をチェックしても水が減らないのにどうやって水を排出するのか、これは古典的な方法を活用するしかありません。

バケツを使って便器の中の水を排出するとそこそこ水深を下げることが出来るのでトイレつまり解消の作業をやりやすくなります。完全に配管がふさがれている場合、異物によっては薬剤やぬるま湯で溶かす事が出来るので、出来るだけバケツで便器の中の水を排出してぬるま湯や薬剤を異物が詰まっているところまで流しましょう。次に針金とラバーカップを使って作業をしていくと良いです。ティッシュペーパーは基本的に水につかっているだけで自然と溶解しますが、薬剤やぬるま湯を使えばさらに効果的です。針金は異物を直接突くために利用します。ラバーカップは吸引をする、圧力から異物を押し流すために使います。こうしたアイテムを駆使すれば完全に水が流れなかった状態でもしっかりとトイレつまりを解消することが出来るのでやってみましょう。

自宅でトイレつまりを直す時に針金やラバーカップが無い人はお店にいけば簡単に入手できるので買っておくと良いです。どうしても今すぐに必要という場合、ラバーカップに関しては1.5リットルや500mのペットボトルで同じ効果を得ることが出来るので試してみると良いです。トイレつまりの裏技は結構色々とあります。市販されている道具を使う方が便利ですが、即戦力として代用するなら結構使える裏技もたくさんあるので、困った時にインターネットなどから調べて実践してみると良いです。